monologue

ここで箸休め。~いちごハウスの建築について~

社長コラムイメージ1
いちごハウスの木造建築
社長コラムイメージ2

いちごハウスでは「在来軸組工法」という、柱と梁に仕口と継手を用いて組み合わせていく 工法を採用しています。

集成材という木材の柱・梁を採用しており、無垢の木材と比べてくるいやねじれは比較的少ないです。 また、1件の木造住宅に何百もの金物で土台、柱、梁を緊結しているので、 地震などの影響にも強い構造になっております。

また最近「耐震強度をレベル2や3にするとどうなの?」という質問をいただきますが、 特に、狭小住宅の場合、耐震強度のレベルを上げると 内部の間取りの制約が大きくなり、プランの自由度がきかなく、 つまらないプランになりがちです。

安心を買う という意味では、耐震強度よりも 鉄骨造やRC造にするなど 構造について 視点を変えてみるのもアリでしょう

いちごハウスの鉄骨造&RC(鉄筋コンクリート)造

ILA(いちごハウス)では、木造だけではなく鉄骨造やRC造の設計・施工も可能です。 もちろん、狭小地でも施工はOKです。 ただし、敷地の形状などによっては向き不向きがあるので、 単なる好みだけではなく、適切な工法選定が重要ポイントです。

●鉄骨造の最大のメリットは、狭い敷地にめいっぱい建物を建てられる事!

鉄骨造は、とても設計の自由度が高いです。 また、足場をたてずに建てることが可能なので 外壁面を敷地境界からなんと最小5cmまで近づけることができます。 狭小地で間口が狭い敷地などでは とても有効な工法です。

●堅牢で耐久性に優れた RC(鉄筋コンクリート)造

RC造は、耐火性能・耐震性能・耐久性 どれをとっても最も優れた工法といえます。 また、一般の木造住宅の場合 法定耐用年数が22年なのに対し、 RC造は、なんと倍以上の47年。 より長く住み、資産価値を保つという点でも そのメリットは大きいものです。 ただし、木造と比べ 建築コストは結構変わって参ります。 しかし、長い目で見たときには、構造が劣化しにくく また、いざ売却をすることになっても 高値での売却できる可能性が高いです。 住まいだけではなく、賃貸住宅を建てるときにも、その資産価値から 金利優遇や、長期融資を受けることができるなどの恩恵も。

右図は いちごハウスで住まいを建てた場合の費用の目安です。 床面積 90㎡(3LDK程度の広さ)を基準に、 本体価格・設計費を設定しております。

社長コラムイメージ3

EPISODE1 不動産屋をスタートさせた理由 EPISODE2 下積み時代から独立まで EPISODE3 会社設立時 EPISODE4 注文住宅との出会い EPISODE5 自社ブランド誕生 EPISODE6 第2創世記 EPISODE7 失敗から学ぶ EPISODE8 こんな業者には気をつけろ! EPISODE9 こんな業者には気をつけろ!その2 EPISODE10 ILAが考えるすまいづくり EPISODE11 いちごハウスの建築 EPISODE12 不動産屋のウラの顔 EPISODE13 僕の目指す姿