Designers Architecture

狭小住宅

「地下室=暗い、収納のための空間」
という既成概念が崩壊します

地下つき住宅って
実際のところ
どうなの?

都心の土地価格は 今後オリンピック開催などの影響もあり、上昇傾向になると言えます。そのため、狭小地での建築を計画される方も増えていくことでしょう。
 狭小地での空間を有効にするため、地下室を欲しい、という声も多く耳にするようになりました。

しかしながら、地下室をつくるにあたり ①防水・排水の問題 ②日当たりの問題 ③通風、湿気対策 など、地下特有の諸課題も持ち合わせています。
①について、地下にトイレやお風呂などの水周り関係を設置する際は特に慎重さが求められます。当たり前の事ですが、水は重力にしたがって下に向かって流れます。道路の公共排水升とのレベルにもよりますが、それよりも低い位置に水周りを設置する場合はポンプアップなどの特殊な設備が必要です。

え?!ここが地下室?

都心の場合、リビング空間は2階もしくは3階に配置する事が多いですが、あえて地下に設置したのは、音の問題。都心でも近隣に気兼ねすることが少なく、また地中にあるので 温度も比較的安定しており快適に過ごすことができます。

狭小地での地下空間は多くのメリットがある反面、施工やメンテナンス性での難しさも備えておりますので、慎重な現場調査・検討が必要です

GALLERY

GALLERY

物件データ
所在地東京都品川区
間取り4LDK 3階建+地下
土地面積
建築面積27.79㎡ 8.41坪
延床面積
構造S造
完成年月
家族構成
工期