Designers Architecture

狭小住宅

敷地いっぱいに建てられる商業地域

間口が2.5mでも
家は建てられる?

「狭小地」の定義は明確には決められておりませんが、15坪以下の土地のことを指す事が
多く、我々もそのような物件を数多く手掛けて参りました。近年では、人口減少による需要の
低下を見越して、敷地の細分化を抑制する条例(自治体によって敷地の最低限度を設けている)などもあるようですが、核家族やDINKS、独身世帯の増加などから、狭小地のニーズ
は高まっていると考えます。(もちろん、狭小住宅施工を大得意とする我々にとっては大変
有難いお話です!)
「建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」というのが、建築
基準法に定められております。つまり最低2mの間口がある敷地であれば 建築物を建てる事
は可能と解釈できますね。
こちらの物件の敷地間口は2.9m。そして、建物の間口は室内の壁の内法で2.4m。隣地
境界からはわずか10cmしかスペースが。・・・ということは足場は建てられません。

多くの役割を果たすらせん階段

建物の構造を「鉄骨造」にすることで、足場を建てずともこれだけの間口
確保を実現できます。
・・・と言葉にするのは簡単ですが、搬出入や設備など、その他様々な
課題もありますので、本当に施工可能か否かは環境条件にもよります。
綿密な敷地調査のうえ、検討させてくださいね。

うなぎの寝床形状と呼ぶべきこの物件の設計ポイントの一つに、中央に
配置されたらせん階段があります。中央に配置することで、手前(道路側)
と敷地奥側の2つに空間を隔てる役割を果たしています。
また、らせん階段はそこに設置すると同時に吹き抜け空間が必然的に
うまれます。
美しい曲線美、有機的なフォルムを有したらせん階段は、デザインを追求
するにあたって広く使われ、いちごハウス設計で愛されているアイテムの
一つです。

GALLERY

GALLERY

物件データ
所在地東京都大田区
間取り2LDK3階建+ロフト+屋上
土地面積39.71㎡ 12.01坪
建築面積23.81㎡ 7.2坪
延床面積70.16㎡ 21.22坪
構造重量鉄骨造
完成年月H26 3月末
家族構成2人家族+お子様2人
工期約6か月