Designers Architecture

狭小住宅

「旗竿」の「竿」の部分がポイント

旗竿地の設計は
ここがミソ

#4不整形地の記事でも述べましたが、変形地とよばれる敷地は一般的に資産価値が通常
の整形地よりも低く設定されます。確かに周辺に建物が迫っていて採光・通風がとりづらい
などのデメリットがあるからでしょう・・・。

旗竿地の竿の部分(=つまり道路と接する通路部分)は間口を最低2mとらなければ
なりません。(建築基準法「接道義務」より)
2m以下の場合には、将来的に再建築不可となる場合がありますのでご購入の際には
注意が必要です。
(※役所で審査のうえ、2m以下でも例外的に認めてもらえる場合もあります)

こちらの物件では、唯一開けている道路面に開口を大きく設け、採光・通風を確保して
います。このような敷地にはトップライト(天窓)も有効となるでしょう。

外から見えない旗竿

旗竿地計画の際、外壁については周囲からあまり見えないのであえてシンプルな
デザインの外壁材をご提案しています。

また、隣地間も狭くなることが想定されます。
メンテナンスしやすいように、乾式工法の外壁材(モルタルなどの塗り壁材では
ないもの)をお勧めいたします。

GALLERY

GALLERY

物件データ
所在地神奈川県横浜市青葉区
間取り
土地面積67.91㎡ 20.6坪
建築面積33.36㎡ 10.1坪
延床面積99.58㎡ 30.2坪
構造木造
完成年月
家族構成
工期