Designers Architecture

狭小住宅

巷でよく聞くガルバリウム鋼板

噂の
ガルバリウム鋼板

 住宅購入を検討してる方なら、外壁材の事で一度は耳にするであろう
ガルバリウム鋼板。クールでスタイリッシュな印象の外壁材だけど、実際
どうなの?と疑問を持たれる方も多いと思います。難しく言うとアルミニウ
ム・亜鉛合金めっき鋼板。それだけ聞いても「?」ですよね。古い建物で
トタン屋根やトタン外壁というものがあります。あれは亜鉛めっき鋼板という
もので、傷がついても中の鉄より先に亜鉛が酸化することで鉄の腐食を
防ぐというものでした。ボロボロのトタンはメッキの亜鉛層がなくなって鉄が
腐食している状態です。このトタンに比べ、ガルバリウム鋼板は腐食の
進行を抑制するアルミニウムを用いた合金です。なので、耐食性・耐久力
に優れています。ただ、ガルバリウム鋼板より耐食性に優れている、アルミ
やステンレスなどの素材もあります。それらは高価なため、比較的安価で
耐久性に富むガルバリウムが選ばれています。種類やバリエーションが
豊富なのも選ばれる理由の一つですね。

ギャップにぐっとくる

 先ほども少し触れましたが、ガルバリウムの持つ印象として、クールでスタイリッシュと感じ
る方が多いと思います。外壁材に金属を用いるので、冷たい印象を持つ方もいらっしゃる
かと思います。しかしそれは外壁のイメージ。こちらの物件のように内装のイメージでギャップ
を出してみるのはいかがでしょうか。人工的な外壁の内装は温かみのある天然素材を使用
するのはいちごハウスの得意とする手法です。
 内外のギャップによって生まれる空間はより内部に与える印象を落ち着きのある効果が
あります。

GALLERY

GALLERY

物件データ
所在地東京都世田谷区
間取り3LDK+ガレージ 3階建
土地面積58.11㎡ 17.58坪
建築面積
延床面積58.11㎡ 17.58坪
構造木造
完成年月
家族構成
工期