不動産投資を行うメリット  ―品川の不動産会社ILAいちごハウス―

ILA investment

  • Home
  • 不動産投資を始めよう!

いちごハウスの不動産投資

不動産投資をはじめよう! ~不動産投資はこんなにもメリットがある!~

安定的で、低リスクの投資方法~それが不動産投資です!~

「投資」と聞くと何を思い浮かべますか?

不動産投資には 他にもこんなメリットが





1 老後の年金確保に

年金支給額の引き下げや、支給年齢の引き上げ案が提示されるなど何かと不安が多い日本の年金制度。老後に、毎月安定して得られる不動産所得があれば 安心した老後生活が送れます。

《老後のライフスタイル》




2 生命保険の代わりになる!

ローンで投資物件を購入する場合、通常「団体信用生命保険」というものに加入します。これは、物件所有者に万が一の事(死亡や、高度障害など)が起きた場合、ローンの残債は保険から支払われるので、残されたご家族には残債無しの投資物件が残り、毎月安定した家賃収入が手に入ります。

イメージ 生命保険の代わりになる!
グラフ 生命保険の代わりになる!




3 節税効果

不動産を所有した時 心配なのが税金。しかし、不動産投資の場合、不動産業を経営する事業主として「必要経費」が認められます。サラリーマンの方でも、不動産所得を得たらご自身で確定申告をする必要があります。申告の際、建物の減価償却費やローン金利、管理費や保険料、さらには固定資産税、都市計画税などはどれも「必要経費」として認められ、それが多ければ多いほど所得税や住民税の削減につながります。

イメージ 節税




4 売却益が得られる場合も

時価上昇時には、売却することで より大きい利益を得る事が出来る場合もあります。

イメージ 売却利益




5 ペイオフ対策

金融機関が破たんした際に、上限1000万円までしか 預けていたお金を補償しない仕組み つまり2005年に施行された「ペイオフ解禁」の対策としても、不動産投資は有効な方法です。

イメージ ペイオフ対策




6 インフレ対策

いまや、アベノミクスや2020年東京オリンピック開催などの影響でモノ・不動産の価値があがるといわれています。そのような経済情勢の影響で 逆に手持ちの現金資産の価値が目減りする可能性は高いのです。物価上昇時は、家賃収入が増える可能性も高まります。

イメージ インフレ対策




7 相続対策

故人の財産を相続した場合、それが現金や預貯金などであれば、その金額すべてが課税対象となりますが、不動産の場合、取引価格ではなく その物件の評価額が課税対象となります。一般的には 建物は購入価格の60~70%程度、土地は時価の70~80%程度が評価額となるケースが多いのです。この不動産が賃貸物件の場合、さらなる評価減が適用され、場合によっては時価の40~50%程度で評価される場合があります。

イメージ 相続対策