ILAの不動産投資サポート  ―仲介手数料無料なら品川の不動産会社ILA―

Real Estate Investment

  • Home
  • ILAの不動産投資

不動産投資を始める

不動産投資を始める 入居率を上げ、収益を増やすため、デザイン性・50年以上劣化しない構造・長期に渡って管理しやすい設備など様々な角度から分析して工夫を凝らし、安心できる不動産投資のお手伝いをします
ILAの安心資産形成バックアップ
  • 投資・建築のプロが
    建築・管理・税務面まで
    フルサポートします

    ILAは建築のノウハウに特化しています。そのため、マンションやビル、アパートの設計・建築はもちろんのこと、お引渡後の管理や入居者の募集、その他税務面まで 同じグループ内で一括フルサポートさせていただきます。
  • 大手HMと
    比較し建築コストが安い!

    ILAグループでは余分な広告費や人件費、ショールーム等の維持費をかけず運営しておりますため、大手ハウスメーカー等と比べて 建築コストを大幅にお安く工事を請け負うことができます。そのため短期間での投資の回収が可能です。やはり良い投資をするにはイニシャルコストは抑えるべきです。また、一括借り上げ(サブリース)や家賃保証などの謳い文句で営業している業者も存在しますが、一括借り上げ(サブリース)は近隣相場賃料の70~80%で借り上げることが多く、10年後には業者から交渉が入り、家賃の減額を求めら、結果損をする…などという事もあるのです。
  • 競売物件や未公開物件など
    希少な物件のご紹介が
    可能です

    割安感のある競売物件等の購入のサポートをしています。ILA事業では建築工事を大手ハウスメーカーより低価格で建築することが可能ですが、土地やマンション一室を購入の際でも、オーナー様の利益を第一に考えて良質な物件の取得をお手伝いさせていただきます。
  • ILAの
    提携ローンを
    ご紹介します

    少ない自己資金からでも、銀行からの借入によって多額の投資ができる(レバレッジ効果)のが不動産投資の大きな魅力の一つです。商品は多様化していますが、お客様それぞれ、一人ひとりに合ったローンの御案内をさせていただきます。
  • 入退去時に伴う
    改修工事・メンテナンスに
    強い

    収益物件を経営する際に必ずつきまとうのは入退去の問題です。故意による汚れ等は借主負担にて賠償する責任がありますが、ほとんどの場合、オーナー様の負担により修繕することとなります。その他共用部や設備などはいずれ劣化してきて、その修繕費用は高額となってしまいます。ILAでは収益物件の外装や設備工事の工夫をしてメンテナンスを容易にできるような施工をいたします。そのために、10年から15年後のトータル費用が他社よりも断然安くできます。さらにILAで管理している物件では入退去時の工事を原価公開にてご奉仕いたします。%で借り上げることが多く、10年後には業者から交渉が入り、家賃の減額を求めら、結果損をする…などという事もあるのです。
  • 安心の
    アフターサービス

    不動産のご購入後も、賃貸物件の入居者を募集し、仲介業務をさせていただきます。物件の管理をさせていただいた場合は格安にて入退去の内装工事、外装工事を請負います。幅広く優良賃借人を募集し、入居者が安心して居住できるきれいで清潔な物件を保つことにより、オーナー様の安定した収入を実現します。大手不動産会社にありがちな「情報の囲い込み」は一切いたしませんので、より多くの募集活動ができます。
様々なケースに対応します
  • 将来の年金対策に。定年後の収入もUP!
    年金支給額の引き下げや、支給年齢の引き上げ案が提示されるなど何かと不安が多い日本の年金制度ですが、将来の不安から身を守るための一つの手段として不動産投資を選択される方も増えてきております。一般的に、夫婦2人世帯の場合 約2000万円の貯蓄が必要と言われています。しかし、将来給付される年金がいくらになるかは不透明です。さらには、経済状況なあどで(例えばインフレなど)、現在の2000万円と、将来の2000万円が同じ価値とは限りません。心配は尽きませんが、老後に安定的に収入が入ってくることで ライフスタイルを充実させることができるでしょう
  • 遊休地を活用して、収益物件やテナントビルを建てる!
    1%が空き家であるという計算です。これらの未活用地は、利用していないにも関わらず固定資産税などの税金がかかり、また、空き家の相続が発生した場合、税金控除が適用されず相続税が重くのしかかるリスクも高くなります。ILAでは、不動産の有効活用をお考えの方へ、様々な角度から分析し、収益をあげるためのプランをご提案します
  • 将来の年金対策に。定年後の収入もUP!
    年金支給額の引き下げや、支給年齢の引き上げ案が提示されるなど何かと不安が多い日本の年金制度ですが、将来の不安から身を守るための一つの手段として不動産投資を選択される方も増えてきております。一般的に、夫婦2人世帯の場合 約2000万円の貯蓄が必要と言われています。しかし、将来給付される年金がいくらになるかは不透明です。さらには、経済状況なあどで(例えばインフレなど)、現在の2000万円と、将来の2000万円が同じ価値とは限りません。心配は尽きませんが、老後に安定的に収入が入ってくることで ライフスタイルを充実させることができるでしょう
  • 遊休地を活用して、収益物件やテナントビルを建てる!
    1%が空き家であるという計算です。これらの未活用地は、利用していないにも関わらず固定資産税などの税金がかかり、また、空き家の相続が発生した場合、税金控除が適用されず相続税が重くのしかかるリスクも高くなります。ILAでは、不動産の有効活用をお考えの方へ、様々な角度から分析し、収益をあげるためのプランをご提案します