Designers Mansion

デザイナーズ賃貸住宅

広尾共同住宅

ラーメン構造で8階建てを実現

  

 コンクリート造(RC造)は大きく2つの構造方式に分けられます。
一つは、柱と梁を固く接合し、変形を抑えるラーメン構造。もう一つは、柱と梁を壁にして同化した耐力壁と、床で構成する壁式構造です。
          
 壁式構造は柱や梁が出っ張らないので、住宅建築で主に適用されています。弊社で扱う共同住宅のほとんどがこの工法で建てられていますが、壁式は地上階数5以下という制約があります。           
 今回の広尾共同住宅は、地上8階建て。壁式構造は使用できないということで、ラーメン構造で施工することになりました。災害大国と言われている日本では、建物は様々な圧力に耐えなければなりません。特に、地震や台風による水平力(横揺れ)に対抗する構造は、非常に重要です。ラーメン構造は一般的に地上50階建ての超高層住宅も建てることができ、耐久性は保証されています。また、柱が建物を構成する‟枠”のような役割をするので、居住空間は開口が比較的自由にとれる、空間が広くとれるといったメリットがあります。
  
 狭小地をより活用したいという場合は、十分な階数を設定し居住スペースを確保する、意匠性を高めるといった工夫も有効になりますね。

町の雰囲気に建物をあわせる

 渋谷区という好立地にありながら、各国の大使館やキャンパスが多く点在する広尾。麻布や恵比寿といった高級住宅街に囲まれ、落ち着いた上品な雰囲気が魅力的です。外国の方も多く、時間がゆっくり流れている印象を受けます。

 建築は、その土地の風土や雰囲気に影響を受けます。広尾で共同住宅を施工するにあたり、特に外観にこだわりを持たせました。コンクリート打ち放しの外壁は、窓廻りのみを黒にし、ランダムに配置しました。
        
 マンション名を示す看板は、富山県高岡市の伝統産業である真鍮着色したものを特注しています。目を惹く鮮やかな青銅色が特徴的ですが、元々青銅色は銅素材の腐食や錆を人為的に作り出したものです。通常であれば長い年月がかかる変化を短時間で起こすため、様々な薬品や技法を駆使して完成に至ります。仕上がりは職人さんによって異なり、出来上がった看板はまさに一点もの。建物の素敵なアクセントになっています。
 街を歩く人が「ここはやっぱりお洒落な地域だな」そう思ってもらえるよう、私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。
                        

GALLERY

GALLERY

物件データ
所在地東京都渋谷区
間取り地上8階
土地面積79.48㎡
建築面積56.66㎡
延床面積385.90㎡
構造RC造
完成年月H30 10月